矯正歯科でキラリと輝く素敵な口元に~素敵な歯で笑顔になろう~

健康な歯を保つ役割です

虫歯予防として最適です

笑顔

最近では、『歯』に関する様々な専門治療が、非常に身近に利用できる様になってきています。歯を健康的に保つ方法の一つとして、デンタルフロスを使用するやり方があります。 デンタルフロスについては、歯科医院で推奨するケースも多くなっています。近頃では、歯を白く保つための治療をするため、あるいは歯の咬合性を上げるために、若い人が積極的に歯科医院を利用する姿も多く見られる様になっています。 虫歯は、食後などに歯と歯の間に残る食べかすや歯垢が最も大きな原因になります。虫歯の原因となる歯間の汚れ等には、デンタルフロスを利用するのが非常に効果的な方法となります。デンタルフロスにおけるこの働き、効果を認識する人が、使用するケースが非常に増えている現状となっています。

力を入れ過ぎずに使います

デンタルフロスを使用する場合には、食後歯磨きを実施する前に行うと効果的です。どうしてかと言うと、使用した後には、歯と歯の間の汚れや食べかすが出てきます。せっかく細かい汚れが落ちた訳ですから、それをできるだけ全て除去するためには、軽いうがいをした後に、歯磨きをしておくと、更に口腔内から汚れを除去する事に繋がります。 また、デンタルフロスについては、歯磨きでは落とし切れない歯間の汚れを効果的に落とす事ができます。唯、歯と歯はくっついていて、人によっては非常に隙間がない状態の場合もあります。特に使用を開始する場合には、指に力を入れ過ぎて、おもいきり歯の間を通さない様に注意する必要があります。歯茎をキズつけてしまう恐れがあるからです。慣れるまではその点に留意しながら、使用する様にしてください。